1. トップページ
  2. プリマヴィスタ化粧下地で肌荒れするのって本当?

プリマヴィスタ化粧下地で肌荒れするのって本当?

「プリマヴィスタ化粧下地を使うと肌荒れする」って聞いたことがありませんか?「ニキビが出来る、肌トラブルになる」そんな噂がチラホラあるようです。でも、これって本当なのでしょうか?
もし本当だとしたら、どんな肌質の人にどんな症状が出ているのでしょうか?噂だけでなく実際の声も知った上で、じっくり購入を検討したいものですよね。

プリマヴィスタで肌荒れ・ニキビができる噂は本当?

本当か否かで答えると、この噂は「本当」です。もちろん使った人全員というわけではありませんが、数十人に1人程度の割合で肌荒れやニキビが発生しているようです。
では、実際にどのような症状が出ているのか、ネット上の口コミをご紹介していきます。

  • 肌がヒリヒリと痛くなった
  • 粉がふいた
  • 頬の皮がむけた 
  • 皮膚にかゆみが出た
  • 赤くポツポツが出た

プリマヴィスタで肌荒れ・ニキビはどれくらいのレベル?

プリマヴィスタによって起こる肌荒れは、大きく分けて「ヒリヒリする」「皮がむける」「かゆみが出る」に分けられるようです。ただ、症状を訴えている声は多々あるものの、病院に行くほど深刻化したケースは見当たらず、プリマヴィスタの使用を中止するとすぐに改善される場合がほとんどです。
これはニキビも同様で、数日続くような悪化はほとんどなく、仮に発生したとしても使用中止することで改善に向かう場合が多いです。

また症状の特徴としては、Tゾーンのような皮脂の多い箇所よりも、頬や口元などの乾燥しやすい箇所にトラブルが生じている傾向が強いようです。

プリマヴィスタで肌荒れ・ニキビができる理由は?

プリマ下地が肌荒れやニキビを起こす原因の多くは「肌の乾燥」と「クレンジング」にあります。まずは、その原因を事前に知っておくと、未然に肌トラブルを防ぐことが出来そうです。

乾燥で肌荒れ・ニキビが出来るケース

実は、プリマヴィスタ下地で肌荒れやニキビが発生した人の多くが、事前に「肌の乾燥」を感じています。「何だか肌がつっぱる感じがする」「少し乾燥してきたな…」そんな使用感の後に、かゆみやニキビなどの症状が出ているケースが多いのです。

そのことから考えると、肌トラブルの根本的な原因は乾燥である可能性が考えられます。その証拠に、トラブルに至った人の多くが「自分は乾燥肌だ」と自覚しているのです。

ちなみに、乾燥からニキビに発展することがピンとこない方は、こちらのサイトを参考にしてみると良さそうです。年齢が進むにつれ、乾燥肌でもニキビに発展しやすくなる原因が詳しく書かれています。

https://nikibi-zero.jp/archives/2621

プリマヴィスタは、皮脂を固める成分を配合しています。これは皮脂崩れに対しては有効ですが、その反面で肌に必要なうるおいの脂分までを固めてしまう可能性があります。これにより、元々乾燥肌だった人がさらに乾燥し、肌トラブルに発展してしまうことがあるのです。

「洗い残し」や「強力クレンジング」が原因になるケース

プリマヴィスタ下地と言えば「乾燥」と共に懸念されるのが「落ちにくさ」。汗と皮脂に強い分、当然のようにクレンジングや洗顔でも落ちにくいのがデメリットになります。

こちらのサイトでは、プリマヴィスタ皮脂崩れ防止下地がいかに落ちにくいかを検証しています。

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12034257309.html

他の下地と比べて数段落としにくいプリマ下地は、しっかり落とそうとすると強力なクレンジング剤が必要になります。

クレンジングは非常に肌に負担がかかる行為です。プリマ下地を毎日使うとなると、この強力クレンジングも毎夜必要になってしまいます。その結果、肌への負担が蓄積して肌荒れを招くケースも考えられます。

また、仮にプリマ下地を使っても軽いクレンジングだけで済ませている場合には、肌に下地が残ってしまい、これも肌トラブルの原因につながる可能性が出てきます。

プリマヴィスタを肌荒れ・ニキビなしで上手に使うには?

プリマ下地で肌トラブルを起こさない為には「スキンケア」と「水分補給」が重要になります。基礎化粧品やミストで肌の状態をコントロールしておくと、肌荒れやニキビに発展しにくくなるのです。

特に乾燥肌の人がプリマ下地を使う際には、ぜひ覚えておいて頂きたいポイントです。

基礎化粧品で肌をしっかりお手入れしよう

プリマヴィスタ下地は「皮脂を固める構造」になっている為、肌に必要なうるおいの脂分までを吸収していまう可能性があります。これを未然に防ぐためには「セラミド」配合の化粧水を使用することがお勧めです。

「セラミド」は、肌に必要な水分を維持し、外部刺激から肌を保護する働きがあります。そのため、プリマ下地により必要以上のうるおいが吸収されてしまうのを防ぐ効果が期待できるのです。

洗顔後、化粧水でしっかり保湿した後は、油分を含んだ乳液を使用して肌に蓋をし、水分が飛ばないようにすることも大切です。この過程を抜かしてしまうと、せっかくの化粧水の効果も半減してしまいます。

「ミスト化粧水」で肌トラブルを防ぐ方法

「プリマ下地は乾燥しやすい」と感じている人の中には、メイクの仕上げや化粧直しの際に「ミスト化粧水」を使用しているケースも多いです。

ミスト化粧水は、メイクの上からシュッとスプレーするだけで、肌に水分を補給することができます。さらに種類によっては、化粧崩れを防いだり美肌効果があるものもあり、プリマ下地の魅力をさらに引き立ててくれる可能性もあるのです。

敏感肌でプリマ下地を使いたい人に、ぜひお勧めしたいアイテム

「敏感肌だから肌荒れが心配だけど、やっぱり人気のプリマ下地を使ってみたい!」という方に、ぜひ試して頂きたい使い方があります。それは、化粧水→乳液後に敏感肌用UVミルクを塗って、その後でプリマ下地を使うという方法。

敏感肌用UVは、肌がデリケートな人や子供向けに作られた低刺激の日焼け止め。これをプリマの前に塗る事で日焼け止め対策も出来る上に、肌とプリマが直接接することで必要なうるおいを奪って起きる肌トラブルを、未然に回避することが出来ます。

口コミの中には「今まで肌にプリマを直接塗っていたら肌荒れが起きたけれど、敏感肌用UVを間に仕込むことによって肌トラブルが起きなくなった」との声もありました。