プリマヴィスタ化粧下地の評価~本当にお前はもう崩れない!

プリマヴィスタの化粧下地は皮脂崩れしないと評判ですよね。でも、本当にそうなのかは実際に使った人の意見を聞かないと分からないもの。それに、いくら皮脂崩れしないとしても、肌荒れの原因になるとしたら困りますよね。

お値段もちょっとお高めなプリマヴィスタ下地。だからこそ、失敗はしたくない!それに、もしも他に類似商品があるなら、そちらの情報も併せて知っておきたいのも本音。

プリマ下地を買う前に事前情報を仕入れて、自分に合うかどうかをしっかり検討しておくととミスマッチを防ぐことが出来るはずです!

なぜプリマヴィスタだけがこんなに崩れないって言われるの?

独自のオイルブロック処方で、皮脂を固めて広げないからです。
プリマヴィスタ化粧下地には「皮脂を固める粉体」と「皮脂を吸う粉体」が含まれています。
この2つの粉体により、肌から皮脂が出てきた時に、それを固めて皮膚の表面に広げない効果を発揮するのです。

https://ameblo.jp/rik01194/entry-12034049459.html

また、こちらのブログでも取り上げている通り、プリマヴィスタには「パーフルオロアルキル(C4-14)エトキシジメチコン」という特殊な成分が主体的に配合されています。

これは、シリコーンをフッ素加工することで強い撥水性と撥油性を持たせたもので、強力な皮膜形成維持成分でもあります。これにより肌にピタッと密着して、汗や皮脂を弾くことが可能になっているのです。

プリマヴィスタ効果の良い口コミは?他の皮脂崩れ防止コスメとどう違う?

プリマヴィスタ下地の口コミを見ていくと、長時間効果が持続するうえに湿度にも強いのが分かります。

ちなみに、プリマヴィスタのイベントでは、カリスマトレーナーのAYAさんとモデルの松元絵里花さんが「ハードなトレーニングで大量の汗をかいても化粧落ちがない」ことを実証して、話題になっています。

その内容が、こちらのサイトでも紹介されていました。

https://locari.jp/posts/148455

でも実際の使用者の口コミを見ると、ハードな運動で大量の汗をかいた場合には、多少のメイク崩れやヨレが生じているようです。
むしろ、優れた効果を発揮しているのは軽い運動時、炎天下や湿気が多い環境、化粧直しが長時間出来ない時などです。

プリマヴィスタの良さを感じたのはこんな時!リアルな使用者の口コミ

  • 7月に屋外遊園地で1日中遊んでもファンデーションが崩れなかった。
  • 鳥取砂丘で6時間、砂の中で遊んでもテカらなかった。
  • 高い湿度と熱気がある夏まつりでも、メイクが崩れなかった。
  • 真夏に野外ライブで汗だくになってもメイクが綺麗な状態だった。
  • 岩盤浴で汗をかいても全然テカらなかった。
  • 花粉症でマスクを付けた後も、テカらず化粧が崩れなかった。

プリマヴィスタを使っている有名人の口コミ

愛用者には有名人もいます。モデルの佐田真由美さんは、撮影でヘアメイクさんがプリマヴィスタ下地を使用したことをブログで紹介。

https://ameblo.jp/sada-mayumi/entry-11596237811.html

>奇跡だー。暑いロケだったのに全くメイク崩れなかった!!

と、その驚きを綴っていて、プロの現場でもプリマが用いられていることが分かります。

また、40代でもその美貌が衰えず人気となっているモデルの美香さんも、インスタグラムでプリマを紹介。

https://www.instagram.com/p/BHUAqKuBodW/

>暑いし湿度も高くて…でもコレ、ホントに崩れないんですね!

と、その効果を実感していることを公言しています。 

幾多の化粧品との出逢いがある有名人が、このように賞賛しているとなると、これはかなり効果が期待できる下地だと考えられますね。

プリマは他の皮脂崩れ防止下地と比べて“ここが魅力的”!

口コミの中には、他の皮脂崩れ防止下地と比べた時のプリマの魅力について触れているものもありました。
その中でも共通した意見が下記です。

  • これを使うとファンデーションの乗りが良くなる。
  • 着け心地が軽く、厚塗り感がない。
  • 独特な匂いがない。
  • 相性の良いファンデーションが多い。
  • 肌に乗せた瞬間にサラサラする。
  • カスが出ない。

特に注目したいのが「匂い」と「カス」。実は、他の人気がある皮脂崩れ防止下地の内のいくつかは「独特な匂い」があったり、肌に塗るとポロポロと「カス」のような物が出るという口コミが多数あるのです。

それらの口コミを見る限り、どうやらこれは皮脂崩れ防止下地特有の特徴のようです。

ところがプリマヴィスタ下地に限ってはこの独特のマイナス点がなく、それが良くて愛用者となっている人も多いのです。

プリマヴィスタの悪い口コミ、ココがダメ!他の皮脂崩れ防止コスメに劣る点

肌の乾燥、UV効果が低い、カバー力、値段の高さ…。プリマヴィスタを使っては見たものの愛用者にならなかった人からは、そんなマイナス点が指摘されているようです。具体的な口コミが下記です。

  • 化粧下地にしては値段が高い。
  • UV効果が低いので野外で使えない。
  • 乾燥するので肌全体に使えず、Tゾーンだけに使っている。
  • 乾燥のため、目尻やほうれい線が目立つ。
  • 毛穴のカバー力が少なく、色の補正も感じられない。
  • 毛穴に詰まりやすく、クレンジングが大変。
  • 見た目がマット過ぎる。

これは少数派ではなく、愛用者にならなかった人の多くが指摘しているデメリットです。特に「乾燥」に関しての声は多く、実際に肌トラブルまで引き起こしているケースもあるので、乾燥肌の人は注意が必要です。

リンク:(プリマヴィスタで肌荒れ・ニキビができる噂は本当?

プリマヴィスタって高くない?他の皮脂崩れ防止コスメと比較して価格だけの価値はある?

プリマヴィスタ下地は特別に価格が高いわけではありません。類似コスメと比較すると容量・価格共に大差が無いことが分かります。効果も他と比べると「皮脂くずれ防止」の面ではとても優秀ですので、その点を考えると「特別高い」わけではありません。
ただ、類似下地にプチプラコスメが参戦していて、その商品が良い効果を発揮していることがあり、この商品と比較されることで「プリマヴィスタ下地は高い」という意見が出ているのが実際のところです。

・プリマヴィスタ皮脂くずれ防止化粧下地【25ml】 2,800円

エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地EXの基本情報と口コミ

・基本情報 30ml、2,800円
・オイリー肌だが、朝から夕方まで化粧直し無しで大丈夫になった。
・長時間テカラずサラッとしているのに、お肌がウルウルになる。
・ファンデーションのノリが良くなり、化粧くずれしにくい。
・グリーンの液なので、人によっては肌が白っぽく見える。
・ポロポロとカスのようなものが出る。
・液が分離しやすい。

プリマヴィスタ下地と同じように「テカりや化粧崩れ」を防ぐ下地。プリマは「乾燥しやすい」というデメリットがありますが、エスプリークは乾燥防止成分が配合されていて、肌につけても潤いが持続するのが魅力です。

ただ、エスプリークは「全然テカらなかった」という人と同じ位「全然効果がなかった」という人がいる下地。口コミサイトを見ると130人中43人がかなりの高評価をしている反面で、46人がかなりの低評価を付けているのです。

高評価した人からは「他の下地よりも断然効果的!」という絶賛の声がありますが、その一方で「塗ってもすぐにテカった」という購入を後悔した声も多数あるので、初めて買う立場からすれば失敗するリスクが高い商品という印象が否めません。

マキアージュ ドラマチックスキンセンサーベースUVの基本情報と口コミ

・基本情報 25ml 2,600円
・塗った瞬間から肌がサラサラになり、化粧くずれも少ない。
・暑い夏でも、昼から夕方まで化粧直ししなくて良い。
・皮脂を適度に吸収するので、サラッと仕上がるけど潤いがのこる。
・日焼け止めのような独特な匂いが苦手。
・カバー力がない。
・乾燥肌だとお肌が突っ張る。

プリマヴィスタとよく引き合いに出されるのがこのマキアージュの下地。口コミだけを比べると、プリマもマキアージュも総数の半分以上が高評価を付けていて、その効果の高さを感じます。

値段的にも僅かな差で、口コミで取り上げられている内容も類似しているこの2つ。その使用感の違いをよく比較してみると、マキアージュの方が乾燥しにくく、その分テカりやすさは若干上という声が多いです。

つまり、絶対にテカりたくない人ならプリマが良いですが、プリマの乾燥が気になって使えないという人にはマキアージュの方がお勧めです。

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

  • 基本情報 30ml 600円
  • 朝から夕方まで小鼻も頬も全然テカりません。
  • 大量の汗をかいても化粧崩れしなかった。
  • サウナのような暑い場所にいても、テカらなかった。
  • 乾燥してシワが目立つ。
  • 塗るとポロポロと白いカスが出る。
  • 匂いが独特で強い。
  • 白浮きする。

プリマヴィスタ下地と並ぶほど人気が高いセザンヌの下地。何と言っても1,000円を切るお手頃さが魅力で、そのうえ効果もプリマヴィスタと同等またはそれ以上との声が多い商品なのです。実際に口コミを見てみると、テカらない上に大量の汗にも強いという意見が多数。その為「激しい運動には適した下地」という観点ではプリマヴィスタ以上と言えます。

また、プリマヴィスタには色補正効果はありませんが、セザンヌ下地はカラーが2種類あり、自分の肌に合った色補正が出来るので、その点でもプリマよりも優秀です。

唯一デメリットとしては、皮脂崩れ防止下地特有の独特な匂いやポロポロのカスが出る点を嫌う声もあります。

プリマヴィスタとライバルコスメの比較

つけ心地の軽さでリードはプリマヴィスタ。でもカバー力、肌への負担、UVカット効果も見ていくとライバルコスメもなかなかの力量ということが分かります。

では、細かくその違いを見ていきましょう。

毛穴カバー力はどれが1番?

人気の皮脂崩れ防止下地の多くには「毛穴のカバー力が少ない」という欠点があります。実際、プリマヴィスタ・エスプリーク・マキアージュは、いずれも「毛穴カバー力がまるで感じない」との口コミが多数。

そんな中でカバー力を発揮しているのがセザンヌ。公式ホームページには「毛穴の凸凹をカバーし、光拡散効果で目立たなくさせる」との説明書きもあり、その点を考慮して仕上げられていることが分かります。

http://www.cezanne.co.jp/lineup/base/item_014.html

毛穴の凸凹カバーに関しては、実はエスプリークもその効果が出るよう仕上げていますが、実際には前述の通りそれを実感出来ていない人が多いです。また、セザンヌの方も「まずまずカバーされている」程度の満足度にとどまっていて「強力なカバー力」を実感している声は少ないのが実情です。

そのため強いカバー力を望む場合には、皮脂崩れ防止下地に頼らずに他のカバー力がある下地やコンシーラとの併用を念頭におく方が得策になりそうです。

つけ心地の軽さが№1なのはどれ?

つけ心地が軽いと評判なのは、プリマヴィスタとマキアージュです。どちらも使った瞬間からサラサラして、つけた重さを感じないのが特徴。ただ、サラサラ感がずっと維持されるのはプリマヴィスタで、マキアージュの方は時間が経つほど肌に馴染んでしっとり感が出てきます。
またプリマヴィスタに限っては、サラサラし過ぎていて肌に乗せるとすぐに乾いてしまうという難点もあります。つまり、肌に乗せたらすぐに伸ばさないとムラの原因になってしまうのです。

肌荒れ、肌トラブルが少ない下地はどれ?

皮脂崩れ防止下地は、皮脂を外部からコントロールするため、その独特な構造から肌トラブルに繋がりやすいケースもあります。
特にプリマヴィスタは、皮脂くずれに効果的な反面で肌トラブルの声が多い下地です。具体的な例は下記リンクにて紹介しています。

(リンク:プリマヴィスタで肌荒れ・ニキビができる噂は本当?

「皮脂くずれ効果の高さ」よりも「肌への負担やトラブルが少なさ」を重視したいなら断然エスプリークがお勧めです。というのも、エスプリークの口コミの中で肌トラブルを訴えているものがほとんど無いのです。
その理由に、皮脂崩れ防止下地の欠点でもある「乾燥」を防ぐために、乾燥防止成分を配合している点が挙げられます。それにより、他商品の多くで見られる「乾燥」から始まる肌トラブルに繋がりにくい構造になっているのです。

肌が乾燥しにくい下地はどれ?

(リンク:肌荒れ、肌トラブルが少ない下地はどれ?)でも紹介した通り、エスプリークは乾燥防止成分配合で、乾燥が原因となる肌トラブルがほとんどありません。ただ「テカリの効果」が人によって全然違うのが気になるところ。

その点も考え「乾燥しにくくて、テカリ防止効果が高い皮脂崩れ防止下地」を選ぶとなると、浮上してくるのがマキアージュのドラマチックスキンセンサーベースUVです。肌の余分な皮脂だけを固め、うるおいにつながる脂分は固めない構造になっているので、しっとりした質感に仕上がるのです。

この下地の場合、乾燥に悩む口コミは全く無いわけではなく、若干感じている人がいます。ただ、プリマヴィスタやセザンヌに比べると圧倒的に少なく、また乾燥しやすいために「Tゾーンのみに使用する」という声が多い2下地に対して、マキアージュは全顔で使用する人が多くその上で若干の乾燥を感じているので、2下地と比べると優秀と言えます。

ニキビ・肌荒れリスクが高い下地はどれ?

ニキビ・肌荒れの声が圧倒的に多い皮脂崩れ防止下地はプリマヴィスタです。皮脂崩れ防止下地でのニキビ・肌荒れの場合、その多くが乾燥を原因としています。その為、乾燥防止成分配合のエスプリーク、うるおう脂分を固めずしっとり仕上げるマキアージュと比べると、皮脂崩れ防止に集中特化したプリマヴィスタは乾燥しやすく、その結果ニキビや肌荒れを招きやすい下地となります。

また、セザンヌもプリマヴィスタ同様に乾燥しやすいという声が多いのですが、紫外線吸収剤不使用、無香料、無鉱物油というこだわった成分のためかニキビ・肌荒れまで進むケースが比較的少ないです。

UVカット効果が優れている下地はマキアージュ?

  • プリマヴィスタ皮脂くずれ防止化粧下地(SPF20・PA++)
  • エスプリーク テカリくずれ防止化粧下地(SPF22・PA++)
  • マキアージュ ドラマチックスキンセンサーベースUV(SPF25・PA+++)
  • セザンヌ 皮脂テカリ防止下地(SPF28・PA++)

ざっと見る限り、UVカット効果が高いのはマキアージュとセザンヌです。特にマキアージュは下記のサイトを参考にする限り、他の3下地が「日常生活レベル」のUV効果なのに対して、「屋外での軽いスポーツやレジャー」が出来る程度の効果があることが分かります。

https://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/spf_pa/

ただ、どの下地も日焼け止め程の強力効果はないことから、夏場の屋外やリゾート地に出かける際には専用の日焼け止めを使用する必要があります。

色味・発色にはどんな違いがあるの?

プリマヴィスタとマキアージュには発色効果はありません。マキアージュを使って肌のトーンがアップしたとの声もありますが、これは「ファンデーションがピタッと密着したことにより、肌がきれいに見えた」等の発色以外の効果であると考えられます。

発色効果があるのはエスプリークとセザンヌです。まずエスプリークですが、こちらは薄く明るい緑色の下地で、肌の赤みを隠して透明感を出すことを目的としています。ただ、この緑色には賛否があり、肌の赤みを気にする人にとってはとても重宝な反面で、赤みの悩みがない人が使うと白くなり過ぎてしまう懸念があります。

その点で比較すると、セザンヌの色味は優秀です。ピンクとライトブルーの2色のカラー展開となっているので、自分の肌色に合わせて選ぶことが出来るのです。

プリマヴィスタを買ったほうがいい人はこんな人

プリマヴィスタは持続力がありますが、UV効果が少ないのが欠点です。その為、職業的にあげれば、室内にいて化粧直しがなかなか出来ない看護師や客室乗務員には特に向いています。

また、マスクをしても化粧崩れが少ないことから、マスクが必須な工場や調理場で働く方、それから湿気にも強いので入浴介助業務がある介護職や、お風呂清掃を行う清掃員の方にも良いでしょう。

向いている肌質としては、脂性の人や混合肌の人がベストです。混合肌の場合は、特にテカりが気になるTゾーンのみ使用することをお勧めします。

プリマヴィスタ以外ならこれを選びたい!効果が似ている皮脂崩れ防止アイテム

値段の安さならセザンヌ、ツヤ肌重視ならマキアージュ!皮脂崩れ防止下地を検討するなら、プリマヴィスタ以外の下地の魅力にも着目しておくと購入時の参考になりそうです。

値段が安くて、効果が似ている下地を探すならセザンヌ

プリマヴィスタとよく比較される「セザンヌの皮脂テカリ防止下地」。プリマの4分の1以下の価格なのに、効果は同等またはそれ以上との声も多い優秀下地です。

一方で「価格が安すぎて不安になるからプリマを選ぶ」という人もいますが、実際に成分を見ていくと「紫外線吸収剤不使用・無香料・無鉱物油」と、プリマよりも肌への優しさにこだわった作りになっています。

また、ウォータープルーフなので大量の汗にも強く、激しい運動後でも化粧崩れを防いでくれます。さらに色補正効果・UV効果もプリマよりも上と来ています。そのため総合的に評価すれば、プリマよりも優秀下地と言えるかもしれません。

ただ「プリマはテカるけどセザンヌはテカらない」「セザンヌはテカるけどプリマはテカらない」というように、効き目に個人差があるようです。そのため、ネット上では「プリマを買う前に1度セザンヌを試した方が良い」という意見が多いです。どちらが合うかは実際に使ってみないと分からないので、それなら失敗してもお財布に響きにくいセザンヌから試した方が良いというわけです。

ナチュラルなツヤ肌重視なら、マキアージュ

プリマヴィスタにとって1番のライバルコスメと言えば「マキアージュ ドラマチックスキンセンサーベースUV」です。価格も大差なく、効果も似通った商品です。

ただ決定的な違いは、その仕上がりにあります。プリマはマット肌なのに対し、マキアージュはツヤ肌になるのです。この質感の違いは、印象の差を生みます。

ちなみに、このブログでは現役美容部員がマット肌とツヤ肌の印象の違いを取り上げていました。

https://ameblo.jp/hp7nk/entry-12329188037.html

健康的で若々しく見え、カジュアルスタイルとの相性が良いのがツヤ肌です。一方のマット肌は、きちんと感があり仕事向きです。

ちなみに、男性にはどちらの肌質が好まれるかというと、下記のサイトで紹介されている通り、圧倒的にツヤ肌が人気の様子。

https://www.biteki.com/make-up/make-up-face-catalog/232905

ところで、なぜマキアージュがツヤ肌に仕上がるかというと「うるおいに必要な脂分は固めずに、余分な皮脂だけを固めるセンサー」を処方しているからです。これにより、肌に必要な水分を維持するので、テカらないのに潤いがある絶妙なお肌に仕上げてくれるのです。

一方のプリマは、皮脂を食い止めることに全力を注いだ構造となっています。これが、両者の大きな違いです。

ツヤ肌、マット肌。どちらが良いかは好みの問題になります。愛用者の中には「オンの日はプリマ、オフの日はマキアージュ」とシーンによって使い分けている人もいるようです。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る